株式会社アリスカンパニー/コンサルティング/メンタルケア/システム開発

株式会社アリスカンパニー

  • HOME
  • コンサルティング
  • メンタルケア
  • システム開発
  • 会社情報
  • お問い合わせ

メンタルケア

アリスカンパニーのアクティブメンタルケアプログラム(AMP)

経営者も含めた全社員に対するメンタルケアと、経営コンサルティングを組み合わせたプログラムです。

メンタルケアによるモチベーションアップ

「窓口」を作って受身のメンタルケアをするのではなく、研修で一方向的に知識を提供するのでもない、「積極的に全社員と係わり合いながら、個別社員のメンタルケアをし、かつ経営戦略もいっしょに考える」、画期的なメンタルケアプログラムです。
個人の問題の解決を行うと同時に組織の問題を抽出し、具体的な解決策の提案と導入、検証を実施することで、個人のモチベーションアップと会社の業績向上をサポートします。

 

サービスの3つのポイント

1
「木を見て森を見る」、
【個別-鳥瞰同時アプローチ】

経営上の全体感と、全社員の個々の声を同時に見ながら経営課題を抽出します。

2
全員の定期的なメンタルケアを行う、
【積極的アプローチ】

EAPのような「待ちのメンタルケア」でなく、全社員との定期的な面談を行います。
いわゆる「メンタルの定期健康診断」です。

3
従業員のストレス状況をデータ及び面談によって把握する、
【定性定量チェックアプローチ】

ストレスチェックによる結果はチャートにして状態を可視化した定量分析。面談によって聞いた社員の声を整理した経営課題を分析する定性分析。二つの分析手法でモレをなくします。

導入のメリット

1
社員個々だけでなく、部署毎、会社全体のストレスの状況を知ることが可能です。「どこで経営とのベクトルが違っているか」、分かります。
2
すべての(もしくは対象となる)社員と積極的に関わることにより、より効果的にメンタルケアをすることが可能です。
3
個別のメンタルケアを通じて経営の課題を抽出するため、よりベクトルの合った戦略の構築及び導入をすることが可能です

対象

企業の特徴

  • 従業員10人〜100人のオーナー企業
    ※大企業の1部門、チームに特定したメンタルケアも可能です
  • 成長が鈍化している、または伸び悩んでいる企業
  • アフターM&Aが必要な、買収した子会社
  • EAP(従業員支援プログラム)を導入しているが、今一つ効果に疑問を持っている企業
  • 退職率が高い企業
  • 『最近、社員が「うつ病」等で仕事ができなくなった』という経験をもつ企業

業種例

システム開発企業 人材派遣(紹介)企業
小売企業 テレマーケティング・秘書サービス企業
飲食、外食企業 その他サービス業種

サービスの流れ

1 ヒアリング
総合的なヒアリングで、企業の問題や課題がどこにあるのかお伺いします。
2 提案
ヒアリングを踏まえ、人・事業・資金の切り口から、最適なプログラムをご提案いたします。
3 経営者インタビュー
インタビューを通して、経営者のビジョンの把握と、経営者が問題と考えている課題を伺い、経営のベクトルを確認し、仮説を構築します。
4 個別従業員カウンセリング及びチェックシートの記入
個々の従業員に対して、カウンセリングとメンタルチェックのアンケートを実施し、メンタルの健康診断を行います。
5 集計、分析
固定量的にアンケートの集計を行うと同時に、定性的にカウンセリングから抽出された経営課題の分析を行います。
6 レポート
抽出された経営課題のご説明とともに、問題解決のための具体的な提案を行います。
7 経営課題の解決・導入
コアとなる問題点を整理しながら紐解き、ポイントを絞った解決策を導入します。
8 検証
改めて経営陣と従業員に対してヒアリングを行い、解決策導入後の反応や、新たな問題点の有無の確認を行います。

対象者一人当たりで算出いたします。
年間契約等により割引特典もございます。詳細はお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
  • TOPICS
  • 代表ブログ
  • スタッフブログ
  • メールマガジン登録
  • セミナー情報

All contents copyright © 2007-2013 ARYS COMPANY, Inc. All rights reserved.