株式会社アリスカンパニー/コンサルティング/メンタルケア/システム開発

株式会社アリスカンパニー

  • HOME
  • コンサルティング
  • メンタルケア
  • システム開発
  • 会社情報
  • お問い合わせ

システム開発

ただ、なんとなくホームページを作っていませんか?


今や会社のホームページは重要な情報発信ツールです。
会社の名前を知ると、まずはそのホームページを検索し、そこで会社の特徴や雰囲気を見たりしませんか?
ホームページがなかったり、無味乾燥だと、あまりいい印象を持たなかったりしませんか?
いまやホームページは、会社の顔として認知されており、ホームページの印象で会社の第一印象が決まってしまうといっても過言ではありません。


上場企業にとっては、ホームページは投資家に対する重要なIRの手段となっています。
投資家は、新聞等よりも、投資(候補)先の情報をホームページで入手するようになってきました。
ほんの10年前は、ホームページの情報は正式にはディスクローズとして認められていなかったのに対して、現在は会社情報をアップデートしていない企業は、「ディスクローズの悪い会社」として認知されてしまいがちです。


さらに、ホームページは重要なマーケティングツールの一つになってきました。
以前はFAXやDMを送ったり、新聞に取り上げてもらったり、雑誌等の広告を出したりするのが一般的でしたが、現在はそれをホームページで展開することが可能になりました。
まず、会社のホームページを探すという行動パターンが一般化していることで、より会社のメッセージを伝えやすくなってきています。


そう考えると、ホームページは明らかに経営戦略の一環です。
本来であれば経営陣が中心となって作りこんでいくべきです。
ところが、今もなお、会社のホームページを社内のシステム担当者等が業者まかせで作っているケースが多く見受けられます。
結果として、バランスは取れているものの、より「無難な」「メッセージ性の薄い」ホームページになりがちです。


アリスカンパニーは、ホームページは会社の顔であり、経営戦略の一環である、というコンセプトにもとづきホームページを製作します。そのためには、経営陣とのディスカッションがたいへん重要であると考えます。

ホームページ製作の5つのポイント
  1. 経営理念・ビジョンを反映しているか
  2. マーケティング的視点をもったメッセージを発信しているか
  3. コーポレート・カラーを出しているか
  4. 見やすい作りになっているか(ユーザー目線)
  5. ユーザーとの距離感を意識しているか(Web2.0的)

 ホームページ製作の流れへ

All contents copyright © 2007-2013 ARYS COMPANY, Inc. All rights reserved.